NEWS

2020.06.22

土地と技術

「なぜその敷地を選んだのか?」

「その敷地でどのような暮らしを想像しているのか?」

お家の相談で、まずお聞きするのが暮らしと土地のことです。

まさに十人十色のご意見があり、とても楽しい時間です。

同じ金額でも敷地の条件は様々です。

100坪で1000万円の敷地もあれば

同じ1000万円でも10坪しかない敷地もあります。

どのような敷地を選ばれても

そこで暮らす家族の思いは変わりませんので、

その思いを形にするのはいつも設計になります。

100坪を豊かに使う事も、

10坪の敷地を効率良く使うことも

設計の技術です。

当然、

つくる技術に比例して設計の幅は広がりますし、

良い職人さんがいないと良い設計は出来ません。

設計施工の工務店の良さは、

自分たちの技術をきちんと把握し、考え、さらに形にできる

「技術の裏付けのある設計」

にあると思います。

まだまだ未熟者ですが、日々精進ですね。