NEWS

2018.08.04

青色の和紙

こんにちは。ナガノです。

 

 

 

あっという間に本格的な夏になりましたね。

モクモク大きい入道雲と高い青空が美しい季節です。

 

 

 

本日のご紹介は、紙舗 直さんの和紙です。

 

昨年の秋 9月。すだちにて、 紙舗 直 の坂本 直さんの和紙の展示を開催しておりました。展示会初日にワークショップも開催していただき、和紙の貼り方や刷毛の動かし方等を学びました。〈blog  「和紙の広がり」〉まだわたしが入社する前のお話、とても楽しそうなワークショップで羨ましく思いました。

 

 

紙舗 直さんの和紙は、天然染料の植物で染色されており、独特の色合いと風合いが素敵でオキタのおうちにぴったり。多くの物件の建具や和室などで使用させて頂いており、大変いつもお世話になっております。

 

 

この度お引渡しさせて頂きました物件にも、直さんに作成頂いた鮮やかな青い和紙を使用し、お客様が大好きな海をイメージしデザイン製作いたしました。今回使用したのは、植物の藍(あい)で染色した美しい紙です。

 

 

 

 

建具を覆いつくした青と白。心惹かれる和紙。

一つとして同じ塗り方は無い手仕事と色の重なりに、心がときめく自慢のお部屋に仕上がります。

 

紙舗 直さんは、藍で染める青だけではなく、様々な色に染色された和紙を作成されており、その和紙を見ているだけで心が躍ります。現在進行中の物件のどこの空間に使用されるかを想像することが楽しい、永野なのでした。