STAFF BLOG

2022.07.04

見て聞いて触って-素材勉強会‐

先日、素材勉強会がありました。

お家づくりにあたって、重要な素材選び。

 

ヒノキ、杉の無垢の木や珪藻土、

よく耳にするけれど、

実際、お手入れは?経年変化したらどうなるの?価格は?

少し難しそうなイメージも多いのではないでしょうか。

 

オキタがお世話になっているWonderWall の井筒さんが

自身のお家での経験や、実験をもとに実物や動画を使って

楽しくお話をしてくださいました。

 

 

同じ無垢の床でも、針葉樹、広葉樹の違いを知り、

触れて温かさを感じてみたり

醤油をおとして、汚れの見え方から綺麗にする方法まで実践してみる。

また、表面の仕上げ方で、性能も、快適さも変わることを知る。

 

はじめは、無垢の床は温かみがあっても傷がつきやすいから。と迷っていても

お手入れで直すことができることを知ると

この素材にしようかなと思えたりもする。

 

 

壁のお話。

クロスと塗壁の特徴。

漆喰と珪藻土の違い。湯布珪藻土の特徴。

実際に、水を吹きかけてみたり、

調湿性能を数字で見ることができたり、

静電気が発生しないから、お家の埃も掃除しやすいことや

傷がついても、手直しすることができると知る。

 

それぞれいいところがあるから

どんな暮らしをしたいか、優先順位をきめて考えていく。

素材のデメリットは、お家づくりの中で解決策を見出していくこともできます。

こうして素材を知って、選んでいくことは

これから暮らすお家への思いもより深まりそうですね。

 

(栗原)